電話&FAX 0973-73-8734

*おしらせ*

北山田地区一斉清掃のお知らせ

7月の第3日曜日は、北山田地区一斉清掃の日です。

(自治区で行事など計画されている場合は、別日に実施しても構いません。)

各自治区で取り組み、より綺麗な北山田にしましょう♪

続きを読む...

ふれあいサロン~再開のお知らせ~

新型コロナウイルス感染予防の為、毎週水曜日に行っていたふれあいサロンをしばらくの間中止していましたが、

7月から再開することになりましたのでお知らせします。

 1日(水) (お休み)
 8日(水) ボーリング
15日(水) 折り紙
22日(水) 歌
29日(水) 棒体操

続きを読む...

只今のお客様

ゲスト 61人 と メンバー0人 がオンラインです

大分県玖珠町「北山田地区」は、玖珠町の西部に位置し、玖珠町の西の玄関口として、福岡方面から訪問する人が最初に通過する場所で、農林業を主体とする、山村の小さな地域です。

主な観光スポットとして、春にはホームの桜が綺麗な「北山田駅」をはじめ、「三日月の滝」「大野原のジャンボきじ車」「鏡山の風車慈恩の滝」等があり、観光客の目を楽しませています。

 

玖珠町は平成18年4月1日から、地区「公民館」の行政上の呼び名を「自治会館」と改め、指定管理者制度を導入し、地域住民自ら管理・運営できるようにしました。これに伴い、平成18年8月に「北山田地区コミュニティ運営協議会」が発足。地域活動の推進を図るとともに、活動拠点として、玖珠町からの受託により「北山田自治会館」の管理・運営をしています。


北山田自治会館(愛称:みかづきホール)

                       P1000430 

〒879-4331
大分県玖珠郡玖珠町大字戸畑6520番地の7
北山田自治会館(みかづきホール)
電話&FAX  0973-73-8734

 

 

 

 


三十三観音仏は広い地域にそれぞれ祭られており、なかなか探すのが大変である。そんな中、九重町の日隈さんご夫婦が、その三十三観音仏を探し出して1冊の資料として作成されました。
そこで資料を基に、この三十三観音仏の内、ここ北山田地区に何体あるのか調べてみた。

 

第一観音仏は平川滝ノ原にあり(写真①)、第二観音仏は平川の地蔵堂(写真②)。第三観音仏は内河野西応寺にあり(写真③)、それぞれ地元の人たちにより供養されている。又、小田中泊には第三十二・三十三観音仏が小田線の道路沿いにある(写真④・⑤)。

 

ところで、この三十三観音仏とは一体何だろうか。資料によると、天保10年(1839年)今の北山田魚返の庄屋が観主となり、玖珠川の両岸に守り本尊としてそれぞれ供養したものとされる。我が子が玖珠川に流され死亡したために、この観音仏を作り供養したそうです。

ちなみにこの観音仏は、水の守り、火の守りとして現在もお祭りされ、一部では交通安全の守り神としても大切に祭られています。

 

 2001 2 → 2001

写真①: 第一観音仏

 

 

 2002 → 2002 2

 写真②: 第二観音仏

 2003 3 → 2003

写真③: 第三観音仏

20032 2 →  20032

写真④: 第三十二観音仏

20033 →  20033 2

写真⑤: 第三十三観音仏

 

 

(吉永末治さん 投稿)

 

 


 

アクセスマップ