電話&FAX 0973-73-8734

*おしらせ*

北山田地区一斉清掃のお知らせ

7月の第3日曜日は、北山田地区一斉清掃の日です。

(自治区で行事など計画されている場合は、別日に実施しても構いません。)

各自治区で取り組み、より綺麗な北山田にしましょう♪

続きを読む...

ふれあいサロン~再開のお知らせ~

新型コロナウイルス感染予防の為、毎週水曜日に行っていたふれあいサロンをしばらくの間中止していましたが、

7月から再開することになりましたのでお知らせします。

 1日(水) (お休み)
 8日(水) ボーリング
15日(水) 折り紙
22日(水) 歌
29日(水) 棒体操

続きを読む...

只今のお客様

ゲスト 36人 と メンバー0人 がオンラインです

大分県玖珠町「北山田地区」は、玖珠町の西部に位置し、玖珠町の西の玄関口として、福岡方面から訪問する人が最初に通過する場所で、農林業を主体とする、山村の小さな地域です。

主な観光スポットとして、春にはホームの桜が綺麗な「北山田駅」をはじめ、「三日月の滝」「大野原のジャンボきじ車」「鏡山の風車慈恩の滝」等があり、観光客の目を楽しませています。

 

玖珠町は平成18年4月1日から、地区「公民館」の行政上の呼び名を「自治会館」と改め、指定管理者制度を導入し、地域住民自ら管理・運営できるようにしました。これに伴い、平成18年8月に「北山田地区コミュニティ運営協議会」が発足。地域活動の推進を図るとともに、活動拠点として、玖珠町からの受託により「北山田自治会館」の管理・運営をしています。


北山田自治会館(愛称:みかづきホール)

                       P1000430 

〒879-4331
大分県玖珠郡玖珠町大字戸畑6520番地の7
北山田自治会館(みかづきホール)
電話&FAX  0973-73-8734

 

 

 

 


 今から凡そ150年前より、子供の玩具として作られたといわれる「きじ車」は、ほうの木というやわらかな木を、生のうちにナタでけずりながら馬の形に仕上げます。手作りで素朴な造形で玖珠町の郷土玩具又代表的な民芸品となりました。


 戦後一時期、姿を消しつつありましたが、故上野寛悟氏が造り続け、昭和35年第1回大分県観光土産品展に於いて入賞、その後、故中村市氏により継承され民芸品として世に出したところシンプルな造形美が好評で各地にその名が広まり愛されてきました。


 昭和49年大分県ふるさと振興事業第1号に指定され、日本観光協会賞をはじめ多くの賞を受賞して参りました。
この伝統ある郷土玩具を、ここ発祥の地に永久保存となる石碑を建立し、地域のシンボルとして飾り何時までも後世に伝え続けたいと思います。


平成7年2月吉日
大野原きじ車保存会

kizi-1

 

IMG_0003

 

IMG_0017

 

kizi-2

アクセスマップ